みんなに伝えたいスポーツ情報

錦織圭8強 準々決勝は2014年決勝で戦ったチリッチ【USオープン】(TENNIS.JP)




[ 元の記事 ]
出典元: ストレート勝利だったが、苦しい勝利だった錦織

9月3日 USオープン 大会8日目。

男子4回戦が行われ、錦織圭(日清食品)が、ドイツのP・コールシュライバー(34歳)を6-3、6-2、7-5で下し、USオープン3度目の8強入りを果たした。

第1セット、お互いにブレーク後の第4ゲームで錦織がブレークに成功し3-1とリード、そのまま錦織が6-3で取る。
第2セットは錦織が第1ゲームをいきなりブレークし、第5ゲームもブレーク6-2と連取した。
第3セットも第7ゲームを錦織がブレークし5-4。サービング・フォ・ザ・マッチで30-0と勝利まで2ポイントと迫ったが、ブレーク・バックされる。
続く第11ゲームはコールシュライバーの30-0だったが、錦織がデュースに持ち込み、またブレーク。
6-5のゲームは錦織がサービスをキープしてストレート勝ちを収めた。
「暑くて大変だった。判断力がどんどん奪われていくのを感じていた」。勝利が決まると思わずコートに両手をついてへたり込んだ。

準々決勝では、2014年USオープン決勝を戦ったチリッチ(クロアチア)と対戦する。
錦織圭vsチリッチ対戦成績は錦織から8勝6敗

4年前の決勝では3-6, 3-6, 3-6のストレートで敗れている。
「あの時はとてもナーバスになった。同世代でジュニア時代から知っている彼と戦うのは常に大きなチャレンジ」とリベンジに燃えている錦織圭だ。


キーワード