みんなに伝えたいスポーツ情報

【覆面記者の耳よりトーク】マイルCS(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: トレセンでつかんだ情報からのイチ推しは、春秋マイルGI制覇を狙うモズアスコットだ

今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、マイルCSを取り上げる。トレセンでつかんだ情報から、春秋マイルGI制覇を狙うモズアスコットがイチ推し。馬場を問わずに確実に脚を使えるタイプだ。連覇がかかるペルシアンナイトは、道悪だと切れ味がそがれそうだ。

 ◇ 

  記者A 今週は馬場が大きなポイントでしょう。今週からCコース(最内からカーブで6メートル、直線で7メートル外に柵)使用に替わる上に、今週末の京都競馬場周辺の天気は微妙ですから。

 記者B X騎手は「雨量が少なければ内やけど、それなりに降ったら外が有利」とジャッジ。その上で「馬場を問わなくて、内を突いても外を回しても伸びてくる」モズアスコットを最有力候補に挙げてたわ。

 記者C 微妙な馬場なら3歳のケイアイノーテックがくるかもな。NHKマイルCを上がり最速の脚で差し切ったが、P助手は「乾いている方がベストだろうが、走法をみるかぎり、多少なら渋ってもいいんじゃないかな」と、週末の天気が向きそうとコメント。年長馬相手になるが、「持ち味が生きそうなコースだし、前が速くなるような流れなら、おもしろいんじゃない」と続けたで。

 記者D いやいや、3歳ならステルヴィオの方とちゃうか。V調教師は「例年通りに軽い馬場の京都ならどうかと思うけど、時計がかかっている今年は合いそう。洋芝の重でコスモス賞を勝っている。渋ればなおいい」と話しとった。

 記者A 前哨戦の富士Sを好時計で快勝したロジクライは、力のいる馬場も合いそう。Z助手が「雨の日の坂路で一緒になったけど、荒れた馬場でもめっちゃ動いとった。パワー勝負も面白いで」と推奨していました。

 記者B 馬場が渋ると、昨年の勝ち馬ペルシアンナイトは割引が必要や。「去年は稍重で勝ったけど、良馬場でこそのタイプ」とP騎手。雨量次第では軽視してええんちゃう。

 記者C アエロリットは、重馬場だった昨年の秋華賞で7着。馬場適性もどうかと思うけど、G助手の「長距離輸送が苦手なんちゃうか。東京と現地滞在の札幌でしか勝ってないやろ」という指摘の方が気になるわ。


キーワード