みんなに伝えたいスポーツ情報

ボクシング 久田哲也が日本王座V5 来春にも世界初挑戦へ(スポーツ報知)

[ 元の記事 ]
出典元: 判定勝ちした王者・久田哲也(左は挑戦者の戸谷彰宏)

◇プロボクシング▽日本ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ10回戦〇久田哲也(判定)戸谷彰宏●(16日・エディオンアリーナ大阪第2競技場)

 日本ライトフライ級タイトル戦が行われ、王者・久田哲也(34)=ハラダ=が同級10位・戸谷彰宏(23)=蟹江=に3―0の判定勝ちで5度目の防衛に成功した。同級の世界ランキングでWBA2位、WBC、WBO、IBFで3位に位置しており、次戦で世界初挑戦が決まる可能性がある。通算成績は久田が33勝(19KO)9敗2分け、戸谷が8勝(1KO)5敗。

 久田が誇らしげに勝ち名乗りを受けた。5回に左フックでダウンを奪うと終始、優勢に試合を進めた。足を使って動き回る戸谷を相手にKO勝ちこそ逃したが、最大6ポイント差でジャッジ3人の支持を得てV5だ。

 今月5日に双子の次女・朱莉ちゃん、三女・乙葉ちゃんが誕生し気合十分だった。3児の父となり「ここで負けたら一家がどうなるかと思って戦った。世界戦へ向け、さらにコンビネーションを磨きたい」と笑顔を見せた。陣営は来春に国内での世界初挑戦を計画中。久田は「WBC王者の)拳四朗くんとやりたい」と日本人対決を望んだ。





キーワード