みんなに伝えたいスポーツ情報

【東スポ杯2歳S】札幌2歳王者ニシノデイジーが重賞連勝!(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 大激戦となった一戦を制したニシノデイジー(右奥)。札幌2歳Sに続く重賞連勝を飾った

11月17日の東京11Rで行われた第23回東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳オープン、馬齢、GIII、芝1800メートル、16頭立て、1着賞金=3300万円)は、勝浦正樹騎手騎乗の8番人気ニシノデイジー(牡、美浦・高木登厩舎)が直線で馬場の内から中を割って抜け出すと、後続を抑え込んで快勝。札幌2歳S優勝から久々の実戦で大激戦となったレースを制した。タイムは1分46秒6(良)。

 ハナ差2着は7番人気アガラス、3着にはさらにアタマ差で4番人気のヴァンドギャルドが入った。1番人気に支持されたルヴォルグはスタートで出負けして9着に敗れた。

 勝ったニシノデイジーは、父ハービンジャー、母ニシノヒナギク、母の父アグネスタキオンという血統。北海道浦河町・谷川牧場の生産馬で、馬主は西山茂行氏。通算成績は4戦3勝。重賞は2018年の札幌2歳Sに次いで2勝目。高木登調教師、勝浦正樹騎手はともに東スポ杯2歳S初勝利。


キーワード