みんなに伝えたいスポーツ情報

年間女王へ!ボーナス100万ドルへ!畑岡奈紗、1打差2位発進/米女子(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
CMEツアー選手権第1日(15日、米フロリダ州ネープルズ、ティブロンGC=6556ヤード、パー72)米女子ゴルフの今季最終戦。畑岡奈紗(19)=森ビル=が8バーディー、ボギーなしの8アンダー64をマークし、首位に1打差の2位と好発進した。現在ポイントランキング4位で、優勝すれば自力で日本選手初の年間女王に輝く。エイミー・オルソン(26)=米国=が単独首位。出場72人で予選落ちはない。

 風速10メートル近くの強風にも慌てることなく、畑岡が快進撃だ。8バーディーを奪って首位に1打差の2位と、好スタートを決めた。

 「序盤のピンチをうまくしのげたのが、その後につながった。9アンダーの選手がいたので、どんどん伸ばしていかないと、と思った」

 序盤はピンチが続いた。スタートの1番(パー5)で第3打がグリーン手前のバンカーで目玉になったが、果敢にピンを狙って手前4メートルにつけた。パーセーブで「1日の流れを大きく変えた」。4番まで全て1パットと粘った。6番(パー5)で6メートルのバーディーパットを強気にねじ込むと、上がり17、18番では8メートルと12メートルを鮮やかに決めてギャラリーからの歓声を浴びた。

 2週前の日米共催「TOTOジャパンクラシック」で米ツアー2勝目を飾った。年間女王を争うポイントレースで4位。今大会で優勝すれば、賞金とは別にボーナス100万ドル(約1億1400万円)も獲得できる。上位陣の成績次第では、9位以内でも日本選手初の年間女王獲得のチャンスがある。

 大会前には「もし勝ったら? コースにあるお城のような家が欲しい」。夢が一歩、現実に近づいた。


キーワード