みんなに伝えたいスポーツ情報

羽生「足首が緩いのでどうしようもない」 ファイナルへ「悔しさがメラメラ」/フィギュア(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯第2日(17日、モスクワ)男子フリーで、ショートプログラム(SP)で首位に立った羽生結弦(23)=ANA=がフリー1位の167・89点。合計278・42点で自身初のGPシリーズ連勝と、ファイナルを含めた日本男子単独最多の10勝目を挙げ、2年ぶりのシリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日、バンクーバー)進出を決めた。SP4位の友野一希(20)=同大=は合計238・73点で3位だった。

 羽生との一問一答は以下の通り。

 --演技を振り返って

 「情けない演技で申し訳ない気持ちでいっぱい。がんばったとは思うが、足首が緩いのでどうしようもない。これも羽生結弦だと思って応援してもらえたらありがたい」

 --演技構成を大幅に変更した

 「混乱している部分も多々あった。練習も1回もしないでやった。やれることはやった。いい課題になった。得意なジャンプでのミスがあった。練習してきたことは無駄じゃなかったと前半で感じることができた」

 --6分間練習は

 「アップもまともにできないと思った。こういう状態である程度、跳べたことはよかった」

 --2年ぶりのファイナル進出

 「悔しさがメラメラなので、これからもがんばる」





キーワード