みんなに伝えたいスポーツ情報

【ジャパンC】復調キセキ、馬なり11秒8!(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
昨年の菊花賞馬キセキが徐々に復調し、毎日王冠、天皇賞ともに3着と結果を出してきた。勝負の叩き3戦目へ、栗東CWコースで単走。半マイル過ぎからペースアップして、馬なりとはいえ体全体を使ったフォームでラスト1Fを11秒8で駆け抜けた。

 いつものようにゴール板を過ぎてからの1Fもビシッと追われ、「前走後もガタッときたところはなく、ピリピリした面も見せていない。馬体にも丸みがあって、いい状態で臨める」と辻野助手。(夕刊フジ)





キーワード