みんなに伝えたいスポーツ情報

【ジャパンC】サトノダイヤモンド軽々2馬身半先着!(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 軽々2馬身半先着し、3歳時の輝きをすっかり取り戻してきたサトノダイヤモンド

復活Vを飾った京都大賞典から中6週、サトノダイヤモンドが菊花賞、有馬記念を制した3歳時の輝きをすっかり取り戻してきた。

 栗東CWコースに向正面から入り、半マイルからスタート。トゥザクラウンの2馬身後方で鞍上と折り合い、内に入った直線で軽々とスパートして、2馬身半先着した。ゴール前で見せた本来の闘志に池江調教師の表情も、「8割方とはいえ、一番いいころに近づいてきた。歩様も良くなったし、ここまでは順調だ」と柔和になった。

 先週は初タッグのモレイラ騎手が手綱を取り、「バランス良く、いいアクション。前向きで走りたいところがあった」とジャッジ。GI3勝目へ心身はもちろん、周囲の期待度も上昇している。(夕刊フジ)


キーワード