みんなに伝えたいスポーツ情報

逆転優勝で3勝目!鈴木亨、来季は「マークセンやっつける」/国内シニア(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
いわさき白露シニア最終日(25日、鹿児島・いぶすきGC開聞C=7022ヤード、パー72)今季最終戦。首位に2打差の8位から出た鈴木亨(52)=ミズノ=が8バーディー、1ボギーの65で回り、通算10アンダーで逆転優勝を飾った。10月末から隔週で3大会を制して賞金ランキング2位。来季の目標にプラヤド・マークセン(52)=タイ=の4年連続賞金王阻止を掲げた。

 快晴から一転、小雨に降られても猛チャージの勢いは衰えない。鈴木が連続バーディー締め。後続2組を待たずに今季3勝目を確信して、右拳を握りしめた。

 「出来過ぎです。パットがよく入った。絵に描いたような勝ち方で、嘘みたいです」

 薩摩半島の最南端にある開聞岳をバックに、かつて「ボンバー」と呼ばれた最終ラウンドの爆発力が蘇った。18年前の「カシオワールドオープン」で尾崎将司を振り切った思い出のあるコースで8バーディー(1ボギー)。2打差を逆転した上に、2位に3打差をつけた。これでシニア初勝利を挙げた10月末の「福岡シニアオープン」から隔週で3大会Vだ。

 「春先からパットで苦しみましたが、我慢したかいがありました」という鈴木の転機は8月末、以前使用していた2ボールタイプのパターに戻したことだった。初めて3日間大会を制して、賞金ランキングでも自己最高の2位になった。

 「マークセンをやっつけないと。これで挑戦する資格をもらえたかな」。来季は、4年連続を狙う賞金王の前に鈴木が立ちはだかる。


キーワード