みんなに伝えたいスポーツ情報

日本ハム「DJチャス。」氏にNPBより「球団功労賞」! 1人2役での受賞は史上初!(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
NPB(一般社団法人日本野球機構)が主催する「NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD」が27日、港区の都内ホテルで開催され、日本ハムの2軍本拠地・鎌ケ谷スタジアムで謎の二刀流キャラクターとして活動する「DJチャス。」こと首都圏事業部ディレクターの中原信広氏(51)が「球団功労賞」の部門で表彰された。

 同賞は各球団より陰ながら球界の発展に貢献してきた人たちに贈られる賞で、入社29年目のベテラン社員で東京時代から北海道移転にかけての17年間の1軍広報としての功績と2軍施設のボールパーク事業の推進、また、同施設では斬新なアイデアと軽快なトークで来場者を楽しませ、明るい話題を発信してきたキャラクターとしての功績がたたえられた。球団職員名とキャラクター名の一人2役での名前が功労賞として同時に刻まれるのは長いプロ野球の歴史上でも初めてのこととなる。

 おなじみの紫の衣装とハチマキ姿にトレードマークである竹刀を持ち込んで表彰の壇上へ登壇した「DJチャス。」は、「なんか場違いなところへ来てしまったような気がするけど、感謝しなきゃ…、ですね。こういうものは自分には無縁だと思っていたし、しかもこういう形(2人分の名前)で表彰されるとは思わなかった」とまさかの二刀流!?での受賞に照れながらも、「今後も自分らしくこの世界で何かのお役に立つことができれば…。得意とする分野はPRなので、早速、週末の12月2日は鎌スタで『鎌ケ谷ランフェスタ2018』があるんだけど、皆さん当然取材に来てくれるよね?」と笑わせながら会場を後にした。





キーワード