みんなに伝えたいスポーツ情報

FA西、阪神入り決断! 虎、資金面劣勢もタカに勝った(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 西は阪神入りを決断。住み慣れた関西でプレーできるのは大きかった

西は阪神! オリックスから国内フリーエージェント(FA)宣言した西勇輝投手(28)が阪神入りを決断したことが27日、分かった。関係者が明らかにした。今週中に阪神入りを伝えるとみられる。ソフトバンクは4年総額15億円以上の大型契約を提示し、虎は資金面で劣勢だったが、決め手は生活環境。阪神の「関西に残ってほしい」というラブコールが実った。

 通算74勝右腕が虎入りを決断した。複数の関係者によるとFA権を行使した西は、古巣のオリックス、ソフトバンク、DeNA、阪神との交渉を終え、結論を出した。その答えは虎。矢野阪神がどうしてもほしかった先発ローテ右腕が、タテジマに袖を通す。

 1年間、先発ローテを守る計算ができる上に、まだ28歳と若く、伸びしろも見込める。そんな右腕の市場価値は上昇していた。関係者によると、豊富な資金力を誇るソフトバンクは4年15億円を大きく超える大型契約を提示したという。阪神は同じ契約年数の4年を提示した。総額では遠く及ばなかったが“恋人”のハートを射止めた。

 決め手となったのは球団がぶつけた「関西に残ってほしい」という口説き文句だった。三重・菰野高から2009年ドラフト3位でオリックスに入団。10年間過ごし、家庭も持ったプロ初任地には、強い思い入れがあった。各球団から高い評価をもらったが、生活環境を変えずにプレーできることがポイントになった。

 阪神は16日に谷本球団副社長兼本部長が大阪市内で初交渉。「関西に残ってほしい」と直球をぶつけた。高評価していることを伝え「好青年。野球観が同じ。金額でガツガツという感じでは全くなかった」と好印象を語った。

 西は19日のオリックス選手会納会後、判断材料を「誠意だと思います。僕をどれだけ必要としてくれているか。その言葉をもらえれば、心は動くのかなと思います」と話していた。24日に2度目の交渉を行い、谷本副社長は「甲子園はピッチャーズパーク。投手に有利な球場がホームグラウンドです」と職場環境のよさを強調。「中心になって引っ張ってほしい」とたたみかけた。

 宣言後、「家族としっかり相談して…」と生活環境面を強調していた西の心のひだに、阪神側のラブコールが染みた。西は25日のオリックスのファンフェスタ後、2度目の交渉を終えた阪神について「非常に熱意を感じた。1日も早く決断したい」。すべての交渉が水面下で行われた、異例のFAレースを制した。

 阪神がFA補強に成功するのは2016年オフにオリックスから宣言した糸井以来。この日、東京都内で取材に応じた谷本副社長は「(きょうは)接触していません。連絡もまだです」と語ったが、西サイドはきょう28日にも他球団に断りを入れるもようで、阪神に今週中に入団の意思を伝えるとみられる。

 今季は得点力不足と、計算していた先発陣が駒不足に陥ったことが大きく響いて最下位。ペナントレースで日本一に輝いた鷹をうっちゃっての争奪戦勝利は、再建を目指す矢野阪神にとって大きな一歩となる。





キーワード