みんなに伝えたいスポーツ情報

「来年はどこの球団で?」中学生からの直球すぎる質問に岩隈がタジタジ(スポーツ報知)

[ 元の記事 ]
出典元: いじめプロジェクトの発起人となり講演会を行った岩隈

マリナーズを退団した岩隈久志投手(37)が27日、宮城・仙台市内の広瀬中学校で、自身が発起人として立ち上げた、いじめ撲滅プロジェクト「BE A HERO」のイベントに出席した。

 イベント後には、同校の野球部員とソフトボール部員、計77人を激励。部員からの質問タイムでは、野球部員からいきなり「来年はどこの球団でプレーしますか?」と、直球すぎる質問を受け、タジタジしながらも「いろいろな球団から話をいただいているので、よく考えて決めます」と丁寧に答えた。

 ほかにも「睡眠時間はどれぐらいですか」「身長を伸ばすために、どれぐらい牛乳を飲んでいましたか」など、日米で戦う強靱(きょうじん)な体づくりの秘訣に興味津々な様子の部員から、矢継ぎ早に質問が飛び交った。「牛乳は大好きで小学生の頃は200ミリリットルを、4本飲んでいました」と、幼少時代のエピソードも披露。最後は「諦めない気持ちと目標を持って、頑張ってください」と、子供たちにエールを送った。





キーワード