みんなに伝えたいスポーツ情報

【チャンピオンズC】厩舎の話(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
アスカノロマン・釘田助手「気温が下がって状態は良くなってきた。実績のあるコースでタフな流れになってほしい」

 アポロケンタッキー・山内調教師「レース間隔は詰まっているが元気だし、この条件はいい。気持ち次第だろう」

 アンジュデジール・昆調教師「予想を超えて良くなっている。相手は強くなるが、やってみる価値があると思って挑む」

 インカンテーション・羽月調教師「先週しっかりやり、今週はセーブ気味。自分のリズムで落ち着いて運べるかどうか」

 ウェスタールンド・佐々木調教師「長休明けがいいタイミングになった。シリウスSで見せた決め手はGI級」

 オメガパフューム・安田翔調教師「前走で最後までいい脚を使ってくれた。古馬相手にやれる手応えを感じた」

 ケイティブレイブ・杉山調教師「大きくではないが、デキは上向いている。出遅れなければ流れに応じた競馬ができる」

 サンライズノヴァ・音無調教師「スタイルが確立しているので、距離は問題ないが、コーナー4つのコース形態がカギ」

 センチュリオン・田村調教師「けいこは動かない馬だが、最近はまずまず動く。いい状態だし、コースも合いそう」

 ノンコノユメ・内田騎手「変わらず、いい感じ。ペースが流れるか、逆に馬群が固まってくれれば追い上げやすい」

 ヒラボクラターシュ・大久保調教師「カイバをしっかり食べて、前走の疲れもあまり残っていない。前々のレースを」

 ミツバ・加用調教師「JBCクラシックを捻挫で回避したが、無理をしなかっただけ。追い切りも予定どおり」

 ルヴァンスレーヴ・萩原調教師「前回と変わらない状態。強い馬が多くいるが、3歳馬としてファンの応援に応えたい」(夕刊フジ)





キーワード