みんなに伝えたいスポーツ情報

【前走後の談話】土曜中山10R・北総S(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

 ◇アナザートゥルース「後ろから結構プレッシャーをかけられたが、それでも振り切ってくれたのは収穫。ここまで着差をつけて勝つのも珍しいが、結果的には力が上位だったということだろう。相手なりに走る馬なので、上のクラスに行っても楽しみ」(大野拓騎手)

 ◇エンクエントロス「向こう正面でハミを取っていったし、自分から動いて最後まで踏ん張ってくれた。今日は斤量差もあったと思うけど、昇級戦だったことを考えれば、よく頑張っていると思う」(池添謙騎手)

 ◇ゴールデンブレイヴ「最後はよく伸びてくれた。ただ、馬の特徴的なことを考えると、もう少し早めに動く形でも良かったのかもしれない」(藤岡佑騎手)

 ◇サクラエンパイア「スタートが良く、いいポジションでレースができた。直線に向いたときの手応えも良かったが、最後は苦しくなってしまった」(モレイラ騎手)

 ◇ネイビーブルー「今日はテンから行きっぷりが良くなかったので、以前と違って少し緩い走りだった。いい頃の調子ではないのかもしれない」(武豊騎手)

 ◇バイタルフォース「行ければハナへとも思っていたけど、外から来られたので2番手から。ワンペースという意味ではいい形だったけど、もう少しどこかで楽をするところが欲しかった」(北村宏騎手)

 ◇フィールザプリティ「内で上手に立ち回ってくれた。高速決着のなか、最後まで辛抱して頑張ってくれた」(北村宏騎手)

 ◇ブライトンロック「前半がスローペースだったし、(全体の時計は)高速な馬場だった。これでは最後で脚を使えない。今日は展開が向かなかったということだろう」(田辺裕騎手)

 ◇リアンヴェリテ「今日は内枠に入っていたし、ハナへ行くことができた。最後まで一生懸命に走ってくれたし、このクラスでもしっかりと力を出してくれている」(松山弘騎手)





キーワード