みんなに伝えたいスポーツ情報

【前走後の談話】土曜阪神11R・チャレンジC(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

 ◇エアウィンザー「強かった。今、充実している。道中はゲートを出たなりでレースを進めたが、追ってからしっかりと伸びてくれた」(浜中俊騎手)

 ◇ケントオー「いい競馬はできた。ただ、4コーナーでもう少しうまくさばけていれば、もっと上位にこられたかもしれない」(松若風騎手)

 ◇サイモンラムセス「内枠ならもっと前へ行こうと思っていた。それでも、2番手につけられたし、この形で掲示板に載れたのは収穫」(小牧太騎手)

 ◇ステイフーリッシュ「思った以上に折り合いはついた。ただ、4コーナーで馬場に脚を取られるところがあった」(藤岡佑騎手)

 ◇ダッシングブレイズ「追走に余裕がなかった。今日はハミの取り方がもうひとつだった。58キロを背負っていたぶんもあると思うけど、グッとこなかった」(池添謙騎手)

 ◇トリコロールブルー「道中で(他馬に)外からプレッシャーをかけられていたけど、しまいはジワジワと脚を使ってくれていた。これを使って良くなってくると思う」(藤岡康騎手)

 ◇マイネルフロスト「もう少し前でと思っていたけど、ペースがきつかった」(松岡正騎手)

 ◇マウントゴールド「前半5ハロンを61秒台のペースで運べれば、と思っていた。終始リズムを崩さず走れたように、思い描いていた通りの競馬ができた。まだ本調子ではないので、伸びしろはあると思う」(内田博騎手)

 ◇マルターズアポジー「気持ち良く運べたけど、しまいで甘くなった。少しモタれるのは許容範囲だった」(戸崎圭騎手)

 ◇レイエンダ「勝ち馬とは枠順と経験の差。それでも直線はしっかり伸びてくれたし、いい内容。初めての重賞だったことを考えれば頑張っている。前回よりパワーアップしていたし、精神的にも大人になった印象。次はもっと良くなる」(ルメール騎手)

 ◇ロードヴァンドール「ハナに行かなくても競馬はできると思っていたが、入れ代わり立ち代わりのきつい展開。それを考えればよく踏ん張っている」(昆貢師)


キーワード