みんなに伝えたいスポーツ情報

大鷹理事長ら道知事に謝罪「皆様に多大なご迷惑をかけた」ホッカイドウ競馬誤審(スポーツ報知)




[ 元の記事 ]
出典元: 高橋知事に状況を報告する大鷹理事長(右)と笠原専務理事

今月1日のホッカイドウ競馬(門別競馬場)第11レース「北海道2歳優駿」で1、2着馬の誤審が発生した問題で、同競馬を運営する北海道軽種馬振興公社の大鷹千秋理事長らが29日、道の高橋はるみ知事に謝罪し、今後の対応などを説明した。

 大鷹理事長は問題が起きた経緯を説明したうえで「あってはならないこと。皆様に多大なご迷惑をかけた」と陳謝。再発防止に向け、審判を従来の2人から3人に増員したことなど体制強化を掲げ、担当職員を処分する方針も報告した。

 道は、誤審判定に伴う払戻金相当額などの経費として約1億9200万円を補正予算案に計上。高橋知事は「馬産地として信頼失墜にもつながりかねないこと。道と連携して再発防止を」と厳正な対処を求めた。


キーワード