みんなに伝えたいスポーツ情報

【前走後の談話】土曜中山11R・ステイヤーズS(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

 ◇アドマイヤエイカン「いいポジションで運ぶことができたし、2番手でリラックスしていた。長くいい脚を使ってくれたし、スタミナがある」(ルメール騎手)

 ◇アルバート「馬群の中でペースが流れるまで動くことができなかった。もう少し前がやりあってくれていれば…。あの位置からよく反応しているが、他に脚のたまっている馬もいた。目立った脚を使えなかった」(田辺裕騎手)

 ◇ヴォージュ「前回は馬場を気にしていたけど、今日みたいな馬場なら重賞でも頑張れる。ただ、上がりの競馬になってしまったので、もう少し自分から仕掛けても良かったのかもしれない」(藤岡康騎手)

 ◇コウキチョウサン「少しレース間隔はあいたが、馬には活気があってよかったと思う。最後も反抗することなく、頑張って伸びてくれた」(北村宏騎手)

 ◇トウシンモンステラ「流れが落ち着くと厳しい。一生懸命に頑張っている」(柴田大騎手)

 ◇マイネルミラノ「内容は悪くなかった。この形を覚えていければ」(木幡巧騎手)

 ◇メドウラーク「今の福島は時計が速いので、ロスなく乗りたかったけど、動かざるを得ない位置で…」(丸田恭騎手)

 ◇モンドインテロ「もう1列前の位置を取れればよかったが…。でも、しまいは伸びていた」(松山弘騎手)

 ◇ララエクラテール「状態は良かった。4コーナーでの手応えも良かったし、内から攻めていったけど…。でも、充実してきている」(和田竜騎手)

 ◇リッジマン「縦長なので、後ろからでは届かないと思って動いていった。併せる形になってからもう一度離したし、バテない強みを生かせたと思う。今日のような馬場も合っている」(松岡正騎手)





キーワード