みんなに伝えたいスポーツ情報

ビジャ、神戸移籍の決め手は「歓迎の気持ちがあるかというところ」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 会見の最後に贈られたバースデーケーキを手に笑顔のダビド・ビジャ=ノエビアスタジアム神戸(撮影・甘利慈)

J1神戸は、米メジャーリーグサッカー(MLS)・ニューヨークシティを退団する元スペイン代表FWダビド・ビジャ(36)の獲得を発表した。

 移籍の決め手について「必要としてくれること、歓迎の気持ちがあるかというところを大事にしているが、神戸のみなさんからそれを感じることができた」と語った。

 ビジャはスペイン代表時代に2010年W杯南アフリカ大会で得点王に輝き、世界一に貢献し、スペイン歴代最多の59得点を誇る。イニエスタとともにバルセロナでもプレーしており、ホットラインが再び神戸で実現することとなった。





キーワード