みんなに伝えたいスポーツ情報

ブラジル講道館=学校教育に柔道導入を=日本の取組みに協力呼びかけ=「汚職蔓延の今だから柔道が必要」(ニッケイ新聞)

[ 元の記事 ]
出典元: インスチトゥト・チアゴ・カミロの生徒たち

「日本企業がこのプロジェクトを知り、支援してほしい」――ブラジル講道館柔道有段者会(関根隆範会長)は、2016年の安倍総理来伯を機に始まった「ブラジル公教育に学校柔道導入」計画への協力を呼び掛けている。これは、日本政府によるスポーツを通じた国際貢献事業「スポーツ・フォー・トゥモロー」プログラムの一環で、東京五輪のある2020年まで継続される予定。
             ☆
 2016年10月21日、日本の文部科学省とブラジルのスポーツ省がスポーツ・体育教育分野での協力覚書を提携した。「リオ2016から東京2020」への継承を念頭に置いたもので、ブラジルには200万人の柔道人口がすでにある。
 関根会長は「汚職が蔓延する政界にあって、今ほど知育、徳育、体育を並行して伝える日本の柔道が、ブラジルの公教育に求められている時代はない。柔道はブラジルには好適な幼少年指導教育だという識者が全伯にいることを、我々は知っている」と同計画の重要性を強調した。
 開始翌年の17年9月にはブラジルの柔道指導員7人を25日間受入れ、筑波大学で「柔道指導者の倫理」「柔道の科学」などの講義、「投技」「一流選手の技紹介」などの実技、中学校の武道授業や町道場の視察、大会見学などの充実した研修が行われた。





キーワード