みんなに伝えたいスポーツ情報

楽天・浅村、爆笑入団会見 “乱入”則本から質問「来季は僕が相手にならないけど…」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 浅村(右)は楽天のユニホームに袖を通し、石井GMとガッチリ握手をかわした(撮影・土谷創造)

西武から国内フリーエージェント(FA)権を行使し、楽天に移籍した浅村栄斗内野手(28)が1日、楽天生命パークで入団会見を行った。4年総額20億円以上の大型契約とみられる。背番号はこれまでと同じ「3」に決定。西武時代から親交が深い渡辺直人内野手(38)、同学年の則本昂大投手(27)が会見に“乱入”し、大歓迎を受けた。

 吹きすさぶ寒風も、イヌワシ党はどこ吹く風だ。特別招待された50人のファンから歓声が上がった。FA市場の目玉、浅村が楽天のユニホームに袖を通し所信表明した。

 「楽天に来たからには、(打撃各部門で)キャリアハイを目標にし、優勝目指して頑張ります。ここで成長できると思うと、ワクワクしています」

 午後2時過ぎ、球団事務所で契約書にサイン。トレードマークの黄金ヘアを黒色に染め、ひげをそり、「楽天の浅村なんで」とチームカラーのえんじ色のネクタイを選ぶなど、誠意に満ちていた。

 不思議な縁もあった。楽天が2013年にリーグ優勝を果たした西武戦で、浅村が最後の打者となった。今季、西武を優勝に導いたパ・リーグの打点王が、最下位のチームにFA移籍した。

 「13年は楽天にやられた。今でも、僕が最後に三振した映像ばかりでている。それも何かの縁なのかなと感じています」

 会見では、親交の深い渡辺直、則本がサプライズで乱入。マイクを手にした右腕から「(今季は)僕から打点を稼いだけど、(来季は)僕が相手にならないけど大丈夫?」と質問され、「大丈夫です」と即答した。

 「もちろん則本はエースで、同学年だし、力を合わせて頑張りたい」と浅村。今季、打率・538、2本塁打、7打点と打ち込んだ則本との“共闘”で、チームを優勝に導く。


キーワード