みんなに伝えたいスポーツ情報

【阪神JF】アルテミスS優勝馬のシェーングランツが息長い末脚を発揮(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: アルテミスSで息の長い末脚を発揮して快勝したシェーングランツ。身上である差し脚はこの舞台に設定に適している

GIの舞台は阪神に移り、阪神ジュベナイルフィリーズ(9日、芝1600メートル)が行われる。来春の桜花賞と同じ舞台で行われる2歳女王決定戦。例年、その結びつきが強い東京芝1600メートルのGIIIアルテミスSを制したディープインパクト産駒のシェーングランツ(美浦・藤沢和雄厩舎)は、半姉ソウルスターリング(父フランケル)が2016年にこのレースを優勝しており、08年ブエナビスタ&11年ジョワドヴィーヴル以来の姉妹制覇がかかる。

 札幌芝1800メートルのデビュー戦は5着に敗れたが、同じ舞台の2戦目を5馬身差で快勝。続く前走のアルテミスSでは今回も手綱を取る武豊騎手がじっくり構えて末脚を温存し、ラスト3ハロン33秒8の切れ味で鮮やかに差し切った。姉のソウルとはひと味違って息の長い末脚が身上。切れ味勝負になる傾向が強い阪神外回りの1マイルは、持ち味を発揮するに申し分のない舞台設定だ。


キーワード