みんなに伝えたいスポーツ情報

西武・雄星、3日ポスティング申請 米名物記者「4球団が獲得に動く」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 「はなまきベースボールフェスタ 若獅子凱旋ふれあいイベント」に参加するため大勢のファンに迎えられて会場に入る西武・菊池雄星投手=花巻市総合体育館(撮影・土谷創造)

ポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する西武・菊池雄星投手(27)は2日、故郷の岩手で行われた「花巻市ふれあいイベント」に参加。3日に行うポスティングシステムの申請手続きを前に、改めてメジャーへの思いを口にした。また、大リーグ公式サイトは、獲得に動く球団の候補としてパドレス、ドジャース、ジャイアンツ、マリナーズの名前を挙げた。

 夢への誓いを立てた故郷で、菊池のメジャーへの思いがあふれた。

 「高1の冬に(母校・花巻東高の)佐々木監督と『高卒メジャー』という目標を立てた。12年間の思いがあるので、立てるチャンスがあるだけでも幸せだと思う」

 菊池は、約3000人を前に雌伏の時を回想した。今季は母校の3学年後輩にあたる大谷(エンゼルス)が一足早く海を渡り、新人王を獲得。「大谷が(メジャーの投手を)打てないわけないと思っていたし、そりゃあ抑えるよねと思って見ていた」と励みにしていたことも明かした。

 次は自分の番-。西武は、3日に日本野球機構(NPB)にポスティング制度を利用するための申請手続きを行う予定。大リーグ機構(MLB)から契約可能選手としてメジャー全30球団に通知された翌日から30日間の交渉が可能となる。菊池自身も今月中旬に渡米し、代理人のスコット・ボラス氏とともに交渉に臨む流れだ。

 この日、菊池が意中の球団などを明かすことはなかったが、迎える米国は早くも色めき立っている。大リーグ公式サイトが特集記事を掲載。スクープを連発する大リーグ専門局MLBネットワークの名物記者、ジョン・ヘイマン氏は「ドジャース、パドレス、ジャイアンツ、マリナーズが獲得に動くとみられる」と伝えた。11月のゼネラルマネジャー会議ではレッドソックス、ブルージェイズの幹部も関心を示す発言をしている。

 「ここから30日、いろいろと予測不能なことが起こると思っている。一喜一憂することなく自分のトレーニングをして、どこにいても結果を出せるようにしたい」と菊池。日本最強左腕の争奪戦が、いよいよ全米で幕を開ける。





キーワード