みんなに伝えたいスポーツ情報

【阪神JF】厩舎の話(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
ウインゼノビア・松若騎手「すごく乗りやすく自在性がありそう。競馬でもどれだけ伸びるか」

 グレイシア・栗田徹調教師「この中間は落ち着きがある。前走はもまれた分、厳しかった」

 クロノジェネシス・北村友騎手「燃えやすいが、瞬発力、加速の速さで流れても対応できる」

 シェーングランツ・藤沢和調教師「順調だし、十二分にレースを使っている。阪神は速い馬場だが、武君のお庭だから」

 ジョディー・戸田調教師「前走はしぶとかったし、自分のリズムで」

 スタークォーツ・荻野極騎手「落ち着いてきた。マイル克服がカギ」

 ダノンファンタジー・猿橋助手「いい状態で出走できそう。ここ2走は、きちんと能力のある馬の競馬ができている」

 ビーチサンバ・大江助手「重い馬場でも動き、反応とも良かった。前走と同様の競馬なら」

 プールヴィル・庄野調教師「父は仏ダービー馬だが、産駒はマイルを得意としている馬が多い」

 ベルスール・今野調教師「前走は落ち着きがなかったが、好内容。状態は今回のほうがいい」

 メイショウショウブ・池添騎手「息を整える程度。それでこの時計が出るのは状態がいい証拠」

 レッドアネモス・大江助手「イレ込んでいないし、いいスピードがある。先行力を生かせば」

 ローゼンクリーガー・喜多助手「攻め馬は最後までしっかり。速い脚を持続できるのが長所」

 サヴォワールエメ・大江助手「素直でカイバもしっかり食べる」

 タニノミッション・辻野助手「ひと追い足りない新馬戦でいい競馬」

 トロシュナ・大竹調教師「騎手に乗ってもらった。右に張る面はそれほどでもないとのこと」


キーワード