みんなに伝えたいスポーツ情報

宇野昌磨 好発進へ4回転フリップが鍵 SPへ最終調整(スポーツ報知)

[ 元の記事 ]
出典元: 試合当日朝に公式練習を行う宇野昌磨(カメラ・相川 和寛)

フィギュアスケートGPファイナルは6日にカナダ・バンクーバーで開幕する。平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=がショートプログラム(SP)当日朝の公式練習で最終調整。

 「天国への階段」の曲かけは、4回転フリップは少しバランスを崩しながらも着氷、4回転トウループは転倒、最後の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)は成功させた。練習終了間際に4回転―3回転の連続トウループを決めて修正。

 本番会場入り後、苦戦している4回転フリップが鍵となりそうだ。5日の公式練習後には「フリップが思うように上がらない。どうしたらいいかっていうのが、明確にはわからないですけど、ゴタゴタ考えても仕方ないので、もうまっすぐ跳んで、思い切りしめる。その2つをしっかり集中してがんばりたいと思います」と話していた。

 日本時間7日に行われるSPは最終滑走で、13時25分登場予定。





キーワード