みんなに伝えたいスポーツ情報

【2歳新馬】中山5R キングスバレイが番手から押し切る 森泰斗「いい馬です」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 森泰斗騎手騎乗でデビュー勝ちを収めたキングスバレイ

12月9日の中山5R・2歳新馬(ダート1800メートル)は、森泰斗騎手騎乗の4番人気キングスバレイ(牡、美浦・斎藤誠厩舎)が2番手追走から直線半ばで先頭に立ち、シゲルグリンダイヤの猛追を退けてデビュー勝ち。タイムは1分58秒1(良)。

 ハナ差の2着に中団から差してきたシゲルグリンダイヤ(1番人気)、さらに3馬身半差遅れた3着に好位から伸びたフォーアネーム(12番人気)。

 キングスバレイは、父ゼンノロブロイ、母シーガルサリー、母の父フレンチデピュティという血統。おじに2015年小倉記念・GIIIの優勝馬アズマシャトルがいる。

 ◆森泰斗騎手(1着 キングスバレイ)「乗りやすかったですし、センスのいい馬ですね。まだ新馬のぶん、抜け出してから多少遊ぶようなところがあって、最後は詰め寄られましたが、それだけ余裕もあったのだと思います。いい馬ですよ」


キーワード