みんなに伝えたいスポーツ情報

ネロ、テイエムジンソクが引退、ともに種牡馬に(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 東海Sなど重賞2勝を挙げたテイエムジンソク

2016&17年のGIII京阪杯を連覇したネロ(栗東・森秀行厩舎、牡7歳)が12月12日付でJRAの競走馬登録を抹消した。先週のカペラS(10着)がラストランになった。通算成績は47戦8勝(うち地方6戦0勝)で獲得賞金は3億2304万5000円(うち地方2999万円)。今後は種牡馬となる予定も繋養先は未定。

 2017年のGIIIみやこS、18年のGII東海Sを制したテイエムジンソク(栗東・木原一良厩舎、牡6歳)も12月12日付でJRAの競走馬登録を抹消。JBCクラシック(14着)がラストラン。通算30戦9勝(うち地方2戦0勝)。獲得賞金は3億493万円(うち地方320万円)。今後は北海道日高町のテイエム牧場日高支場で種牡馬となる予定。


キーワード