みんなに伝えたいスポーツ情報

“牛若丸”再来や!阪神D1・近本、驚異の垂直跳び虎最高92センチ(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
新たな「牛若丸伝説」のはじまりや! 阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=が非公開で体力測定を行い、垂直跳びで球団史上最高&アスリート界でも最高峰の「92センチ」を記録したことが12日、発表された。身長1メートル70、体重72キロと小柄ながら、驚異の跳躍力に加えて30メートル走もチームトップクラスの3秒87。歴史的な身体能力で、プレーでも牛若丸ばりの“八艘(はっそう)飛び”を見せる!!

 プロという戦場で、だれよりも軽やかに塁上を飛び移る。驚異の垂直跳び、92センチ。D1位・近本のジャンプはまさに“八艘飛び”の牛若丸だ。その1メートル70の小さな体に、歴史的に大きな未来が詰まっていた。

 「自分の武器である足でしっかりプレーしていきますので。僕の足にびっくりしないよう、応援よろしくお願いします」

 仮契約や入団会見などの場で、これまでも並々ならぬ自信をのぞかせていたが、まさか進んでヨシ“跳んでヨシ”のここまでの「足」とは…。立ち会ったトレーニングコーチ、トレーナーも結果を見てひっくり返った。

 今月2日の体力測定は所用で参加できず施設見学のみ。非公開で11日に1人、測定したが、この日、発表されたのは驚くべき数値だった。

 30メートル走は3秒87で昨年のキャンプでのチームトップの植田と同タイム。前評判通り速いな…と周囲をうならせた直後に、ぶったまげさせた。垂直跳びで、大人の腰の高さ以上まで恐ろしく跳躍。記録は「92センチ」-。

 虎の過去の新人選手では久慈照嘉(現内野守備走塁コーチ)の86センチが最高だった。近年では横田の80センチが優れていた。生え抜き以外では、あの糸井ですら87センチと言われる。跳ばせたら世界一の集団、NBA(米プロバスケットボール協会)でも平均は70センチ前後といわれる中、近本が“飛び抜けた”数字を残した。

 アスリート界も突き抜けてしまうのならば、もう“答え”は歴史にしかない。たとえるなら壇ノ浦の戦いの源義経(幼少名・牛若丸)。船から船へと飛び移る「八艘飛び」で平家の攻撃をかわしたという逸話は、あまりにも有名だ。

 近本も小柄だが、太ももは丸太のように太く、体中に力が、野心がみなぎっている。強靱な足腰のバネは打撃でも走塁でも、外野守備でも大きな武器だ。1メートル67ながら華麗なフットワークによる遊撃守備で「今牛若丸」と称されたのは、虎の永久欠番「23」、吉田義男氏。レジェンドとはポジションは違えど、近本もそこへ近づき、再び「牛若丸」を名乗るにふさわしい力を持っている。

 測定した伊藤トレーニングコーチが「それだけ瞬発力があるということ」とうなずけば、権田トレーナーは「後ろから走る姿を見ていると赤星さんの現役時代を思い出しました。ジャンプ力というのはなかなか手に入れられない。記録は本当にズバ抜けていました」。1年目から5年連続盗塁王の赤星憲広氏と重ね合わせ、最大級の賛辞を贈るしかなかった。

 3日の入団会見で「赤星さんを目標にしています。今年は新人王と、盗塁王を目指して頑張ります」と言い切った近本。まずはこの足で、レギュラーの壁も、敵のマークも、すべて軽く飛び越える。





キーワード