みんなに伝えたいスポーツ情報

18季ぶり日本一を狙う神戸製鋼はFB山中が復帰/15日にラグビー日本選手権決勝(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: サントリー戦に向けた練習にフェースガードを着けて参加した神戸製鋼FB山中亮平(左から2人目)

ラグビーの日本選手権を兼ねたトップリーグ(TL)決勝トーナメントは15日、東京・秩父宮で決勝が行われる。13日は神戸製鋼と3連覇に挑むサントリーの出場メンバーが発表され、2日の決勝トーナメント1回戦・リコー戦で左ほお骨を骨折した神戸製鋼FB山中亮平(30)が2試合ぶり復帰。「自分の力を出し切るだけ」と完全燃焼を誓った。

 神戸製鋼はこの日、神戸市内のグラウンドで練習。同準決勝のトヨタ自動車戦を欠場した山中は、黒いヘッドキャップに患部をカバーするためのフェースガード着用して参加し、積極的な動きで復調をアピールした。

 「怖さはない。決勝なんでビビっていられない」と気合十分で、「(2016年10月に53歳で死去したOB平尾誠二氏に)優勝という形で恩返ししたい」と力を込めた。

 神戸製鋼にとって日本選手権は2000年度以来18季ぶり、TLでは創設年度の03年以来15季ぶりの頂点へ、最後尾から“バットマンスタイル”でチームを引っ張る。


キーワード