みんなに伝えたいスポーツ情報

【朝日杯FS】38年ぶり牝馬Vへ!グランアレグリア2枠2番!武豊ファンタジストは8枠14番 枠順確定(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 「第70回朝日杯FS」の枠順が確定。デビュー2連勝でサウジアラビアRCを制し、38年ぶりの牝馬Vがかかるグランアレグリアは2枠2番に決まった

12月16日に阪神競馬場で行われる今年の2歳マイル王者決定戦「第70回朝日杯フューチュリティステークス」(GI、阪神11R、2歳オープン、牡・牝、馬齢、芝1600メートル、1着賞金7000万円)の枠順が14日に確定した。

【写真で見る】JRA平地GI完全制覇へ「勝ってリーチかけたい」と意気込む武豊騎手

 のちに阪神JFを制すダノンファンタジーを圧巻の内容で下したデビュー戦、2戦目のサウジアラビアロイヤルCを連勝し、38年ぶり牝馬Vに挑むグランアレグリア(美浦・藤沢和雄厩舎)は2枠2番、重賞2勝を含むデビュー3連勝中のロードカナロア産駒で、武豊騎手が騎乗するファンタジスト(牡、栗東・梅田智之厩舎)は8枠14番、新馬、中京2歳S、デイリー杯2歳Sとマイル戦のみ使われ無傷の連勝ロードを驀進中のアドマイヤマーズ(牡、栗東・友道康夫厩舎)は4枠6番、デビュー3戦全てで上がり3ハロン33秒台の末脚を繰り出している新潟2歳王者のケイデンスコール(牡、栗東・安田隆行厩舎)は6枠11番に決定。

 そのほか、前走の福島1800m戦きんもくせい特別で1分46秒2の2歳コースレコードVを飾っているマイネルサーパス(牡、美浦・高木登厩舎)は3枠5番、芝1400メートルでデビュー連勝を飾ったニホンピロヘンソン(牡、栗東・安達昭夫厩舎)は7枠13番、函館2歳Sを勝っているアスターペガサス(牡、栗東・中竹和也厩舎)は2枠3番、サウジアラビアRCでグランアレグリアの2着だったドゴール(牡、美浦・黒岩陽一厩舎)は3枠4番、W・ビュイック騎手鞍上で挑むエメラルファイト(牡、美浦・相沢郁厩舎)は8枠15番に決まった。

 朝日杯FSは16日、阪神競馬場(11R)で、午後3時40分にスタートが切られる。

(左から枠 馬番 馬名 斤量 騎手)

1- 1 クリノガウディー  55.0 藤岡佑介

2- 2 グランアレグリア  54.0 C.ルメール

2- 3 アスターペガサス  55.0 福永祐一

3- 4 ドゴール      55.0 津村明秀

3- 5 マイネルサーパス  55.0 丹内祐次

4- 6 アドマイヤマーズ  55.0 M.デムーロ

4- 7 ソルトイブキ    55.0 四位洋文

5- 8 ディープダイバー  55.0 川田将雅

5- 9 イッツクール    55.0 松田大作

6-10 ヒラソール     55.0 岩田康誠

6-11 ケイデンスコール  55.0 C.デムーロ

7-12 コパノマーティン  55.0 坂井瑠星

7-13 ニホンピロヘンソン 55.0 浜中俊

8-14 ファンタジスト   55.0 武豊

8-15 エメラルファイト  55.0 W.ビュイック


キーワード