みんなに伝えたいスポーツ情報

【朝日杯FS】グランアレグリア38年ぶり牝馬Vならず3着 ルメール「ミルコの馬が来ると内ラチにモタれた」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 3着に敗れたグランアレグリア

12月16日の阪神11Rで行われた第70回朝日杯フューチュリティステークス(2歳オープン、牡・牝馬、GI、芝・外1600メートル、馬齢、15頭立て、1着賞金=7000万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の2番人気アドマイヤマーズ(牡、栗東・友道康夫厩舎)が、好位抜け出しの正攻法で快勝。デビューから無傷の4連勝で2歳王者に輝いた。タイムは1分33秒9(良)。

【写真で見る】M・デムーロ騎手と笑顔でポーズを取るプレゼンターの飯豊まりえ

 単勝1.5倍の断然人気の牝馬グランアレグリアは、2番手から抜け出しを図ろうとするもアドマイヤマーズに早めに並びかけられ、その後もいつもの反応は見られず3着。人気に応えれず1980年のテンモン以来、38年ぶりの牝馬Vはならなかった。

 C.ルメール騎手「スムーズな競馬はできました。ただ、ミルコの馬(アドマイヤマーズ)が外から来ると、(走りの)バランスが悪くなり、内ラチにモタれました」


キーワード