みんなに伝えたいスポーツ情報

【ズバッと言いたい放題】有馬記念(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 中山は産経賞オールカマーなど重賞を2勝。コース適性は高いレイデオロ

しの 今年も有馬記念がやってきました。

 大王 レイデオロはダービーと天皇賞・秋を勝ち東京巧者の印象が強いけど、中山でも産経賞オールカマーなど重賞を2勝。コース適性は高い。

 東京サンスポ・板津 けいこは余力十分。馬体もムダ肉のない細マッチョな感じに仕上がったし万全だと思います。

 東京サンスポ・片岡 ルメールは枠に関して、「アウトサイドは難しくなる。できれば真ん中くらい。一番内だと、コーナーで外から入って来られると位置取りが厳しくなるかも」やて。

 しの 近年、好位勢が上位を占めていて、前めならキセキが気になります。でも秋4戦目で、レコード決着だったジャパンCの反動が…。

 水谷 案外大丈夫らしいで。「ポテンシャルに見合った体になってきて、競走馬として充実期に入った感じ」と、川田騎手の感触もええんや。

 大王 連覇を狙ったJCで4着だったシュヴァルグランがボウマンに手が戻る。昨年はJC1着→有馬3着、今年も春天2着と相性は抜群だ。

 水谷 友道さんも「ズブいのでしっかり追ってくれるボウマンは合う」と期待大や。

 片岡 JC5着ミッキースワローは横山典騎手がずっと調整。「順調」としか言わなかったが、期するものがあるかな。

 大王 サトノダイヤモンドがラストランだね。

 水谷 「有馬記念は奇跡が起こっているレースだから」と池江さん。歩様はJC時よりもましなくらいらしいで。

 しの 奇跡ならオジュウチョウサンのほうね。

 片岡 調整には抜かりなし。あとはこの馬の“強運”でどこまで。

 しの 障害を飛んで4000メートル以上走ってもラスト1Fを11秒台で上がれる馬。規格外のスタミナが生きる流れになるかどうか。血統的にはピッタリなのですが…。

 大王 ステイゴールド産駒だね。それならクリスチャンのパフォーマプロミス。AR共和国杯Vからのステップは15年ゴールドアクターと同じ。この舞台が合いそうだ。

 しの 波乱の目ならミッキーロケットかしら。先週の競馬を見たところマーフィー君のイメージは飛ばし屋。ここも厳しい流れを作りそうです。

 東京サンスポ・漆山 3歳馬ブラストワンピースはけいこでアオられ気味だったけど、「併せた馬とは距離適性が違う」と大竹調教師。池添騎手も「馬格はあるがそれなりに器用」と中山克服に手応えアリだね。

 大王 12月に入って勢いを取り戻したミルコはモズカッチャンだ。

 板津 気になる1頭。一頓挫明けのエリザベス女王杯3着に比べて動きがガラッと変わってる。

 片岡 穴ならサクラアンプルールやね。去年は直線で不利。1年越しのリベンジに燃えて、田辺騎手の感触もええよ。

 水谷 さて。気持ち良く当てて、1年を締めくくりたいもんやな。

 しの まだオーラスにホープフルSが…。とはいえ暮れのGPを楽しみましょ。もちろん土曜の中山大障害もね~♪(夕刊フジ)


キーワード