みんなに伝えたいスポーツ情報

【中山大障害】厩舎の話(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: J・GI3勝目を狙うアップトゥデイト

◆アップトゥデイト・佐々木師 「4000メートルを超えればチャンス大。スタミナ比べなら」

 ◆エアカーディナル・笹田師 「飛越は上手だし、距離は長ければ長いほどいいタイプ」

 ◆エルゼロ・五十嵐騎手 「具合はよく、スタミナもありそう。持ち味を引き出せれば」

 ◆シゲルクロカジキ・窪田助手 「変わりなく順調。相手は強いが、しぶとさを生かしたい」

 ◆シゲルロウニンアジ・湯窪師 「1回使って状態は上がっているが、距離がどうか」

 ◆シンキングダンサー・武市師 「状態は良くなっている。自分のリズムで競馬ができれば」

 ◆タイセイドリーム・平沢騎手 「このレースを目標に調教をして、調子はいい」

 ◆トーセンメリッサ・芝崎助手 「4100メートルなら少しでも追走が楽にならないかな」

 ◆ニホンピロバロン・田所師 「久々で長丁場だから、息がもつかだね。コースは心配ない」

 ◆プレシャスタイム・北沢騎手 「状態は変わりない。中山はいいが、相手が強い」

 ◆マイネルプロンプト・坂口則師 「疲れさえなければ。コース相性の良さでどこまで」

 ◆ミヤジタイガ・武幸師 「距離延長で大障害もあり、相手もそろうが、中山は合う。デキもこの秋では一番いい」

 ◆ルペールノエル・高田騎手 「前回よりも馬の動きが軽い。中山は合うし、この馬のリズムで走らせたい」


キーワード