みんなに伝えたいスポーツ情報

坂本「鼓動が聞こえるくらい緊張した」最終滑走の重圧はねのけ初V/フィギュア(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 演技を終えガッツポーズをみせる坂本花織=東和薬品ラクタブドーム(撮影・松永渉平)

フィギュアスケート・全日本選手権第3日(23日、東和薬品ラクタブドーム)来年3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)代表選考会を兼ねて行われ、女子フリーでショートプログラム(SP)2位の坂本花織(18)=シスメックス=が合計228・01点で初優勝を飾り、世界選手権代表に決まった。

 坂本との一問一答は以下の通り。

 --初優勝

 「まだ実感がない。いろんなジャンプがいつもの勢いがなくて、出来栄え点がいつもよりないと思った。初めて合計点で220点を超えたので、点数的には満足」

 --最終滑走だった

 「鼓動が聞こえるくらい緊張した。このフリーを最後まで滑り切れてよかった」

 --重圧は

 「去年も最終滑走で同じくらい緊張したけど、落ち着いて後半はできた」





キーワード