みんなに伝えたいスポーツ情報

紀平「自分の演技に悔いはない」3回転半2発成功は「靴も守ってくれた」/フィギュア(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 女子フリーで演技をする紀平梨花=東和薬品ラクタブドーム(撮影・須谷友郁)

フィギュアスケート・全日本選手権第3日(23日、東和薬品ラクタブドーム)来年3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)代表選考会を兼ねて行われ、ショートプログラム(SP)5位と出遅れた紀平梨花(16)=関大KFSC=はフリー1位の155・01点をマーク。合計223・76点で2位に入った。SP2位の坂本花織(18)=シスメックス=が228・01点で初優勝を飾った。

 紀平との一問一答は以下の通り。

 --初優勝はならず

 「2位で悔しいと思ったけど、花織ちゃんもがんばった。自分の演技に悔いはない。とりあえずホッとしている」

 --トリプルアクセルは2発成功

 「靴も固定して守ってくれた。ありがたい。すごくいい経験ができてよかった」

 --3回転半ジャンプへの思いは

 「簡単に跳ぶことができないジャンプだけど、集中して、まとめることができた。SPの調子がはまらない中であの演技ができてうれしい」

 --昨年は3位。今年は2位

 「気合が入る試合だった。良い状態ではなかったけど、自分の最高は出せた。不安があっても乗り越えられる経験ができていい試合になった」


キーワード