みんなに伝えたいスポーツ情報

【有馬記念】ノーザンファーム吉田代表「雨馬場良かった」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: ブラストワンピースを生産したノーザンファームの吉田勝己代表

第63回有馬記念(23日、中山11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金3億円 =出走16頭)ブラストワンピースを生産したノーザンファームの吉田勝己代表(70)は、「今年の3歳は強い。ハービンジャー産駒だから雨馬場も良かったんだろう。体がしっかりしてきて、本当に大したものだ」と破顔一笑で褒めたたえた。ノーザンファームは1~4着と上位を独占。これで今年のGIは自身の年間最多勝記録を更新する15勝目と、快進撃は止まらない。

 馬主のシルクレーシングの米本昌史代表(43)の喜びようは半端でなかった。「もう絶叫、絶叫で、最後は自分でもどうなったかと…」と顔を紅潮させて振り返った。

 来年に関しては所属のアーモンドアイの海外遠征がほぼ決まっているのに対して、「脚元に問題(両前脚が外向)があった馬。背、腰の疲れを取るのに時間がかかるので…」と国内専念をほのめかした。

 母ツルマルワンピースは、同じハービンジャーの子を受胎しており、2月22日に産声を上げる予定だ。


キーワード