みんなに伝えたいスポーツ情報

西武・秋山を応援!進次郎議員「横須賀から初メジャー期待」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 秋山が小泉氏から特大アーチ。尊敬する横須賀の先輩だが、勝負となれば話は別だ (撮影・斎藤浩一)

来オフのメジャー挑戦を視野に入れる西武・秋山翔吾外野手(30)が24日、出身地の神奈川・横須賀市で野球教室を行った。4年連続で同市出身の自民党、小泉進次郎衆院議員(37)と対戦し、夢の実現に背中を押された。

 「進次郎さんが、いい所に投げてくれたので。ずっと打てていなかったけれど、来年に弾みがつきました」

 関東学院六浦高の野球部出身、小泉氏と恒例のガチンコ対決。赤いウエアに身を包み、「大谷vs秋山のイメージだった」という小泉氏が投じた球を右中間に特大弾だ。過去2年は、ともに無安打に封じられていたこともあり、笑みをこぼした。

 22日にラジオ番組などでメジャーへの思いを明かした。小泉氏からは「将来、メジャーに行くことになったら、横須賀からは初のメジャーリーガー。どんな可能性も開けている」と熱い“応援演説”をもらい、「大谷選手は野球少年がそのままメジャーへ行ったような感じ。秋山君にも、心から野球を楽しんでほしい」と期待の言葉もかけられた。

 「チームがガラッと変わるので進次郎さんが日本を引っ張っているように、僕もライオンズを引っ張っていきたい。来年、しっかりやった上でどういう感情になるか。決断するタイミングがあるかもしれない」と秋山。横須賀初のメジャーリーガー誕生を、地元も楽しみにしている。





キーワード