みんなに伝えたいスポーツ情報

【覆面記者の耳よりトーク】ホープフルS(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 重賞連勝中のニシノデイジー。力のいる馬場も合いそうだ

今週の『覆面記者の耳よりトーク』のターゲットは2歳GI・ホープフルS。トレセンの裏情報から、東スポ杯2歳Sを制したニシノデイジーを推奨する。キャリア豊富で、コースや馬場状態を問わない点は大きな強み。同舞台で勝ち鞍のあるミッキーブラックも魅力十分だ。一方、人気間違いなしの良血馬サートゥルナーリアには、初の長距離輸送や舞台替わりに不安の声が聞かれた。

 記者A 超良血馬サートゥルナーリアの1強ムードやな。トレセン関係者でも「あの馬の能力はずば抜けている」という声が多かった。

 記者B ここまで2戦のパフォーマンスは圧巻。K騎手も「朝日杯FSを含めても、現時点で今年の2歳では一番じゃないかな」と話していました。ですが、「行きたがる面を見せていたし、距離延長はプラスとはいえない」と不安材料も付け加えていましたよ。

 記者C P調教師も「あの一族は前向きなタイプが多い。初めての長距離輸送で、さらにテンションが上がってしまう可能性もありそう」と経験の浅さを気にしとった。少頭数の競馬しかしていないし、モマれたときにもろさを見せるかも。

 記者D 面白い存在が、この中山芝2000メートルで唯一、勝利を挙げているミッキーブラック。前走はチグハグな競馬で4着に敗れましたが、J調教師は「デビューから2戦続けて長距離輸送をこなして結果を残しているのは、精神面がしっかりしている証拠」とほめていました。

 記者B キャリアが豊富なニシノデイジーにも、好条件がそろっています。先週、中山で騎乗したR騎手は「雨が降った影響で馬場は結構荒れて、力の要る状態。パワーとスタミナも必要になりそう」と話していました。

 記者C デイジーは、先週の有馬記念を勝ったブラストワンピースと同じハービンジャー産駒。札幌の洋芝で重賞を勝っているように馬場状態を問わないのは強みやし、馬混みも苦にしない根性は魅力的や。

 記者D ディープインパクト産駒のヴァンドギャルドは、2戦とも上がり3ハロン33秒台をマークしているように瞬発力が持ち味ですが、F調教師は「広いコースの方がよさそうだし、ワンターンのコースしか経験していないのはマイナス」と舞台替わりを不安視していました。





キーワード