みんなに伝えたいスポーツ情報

【ホープフルS】ニシノデイジーは3着で重賞3連勝ならず 勝浦「やれる手応えは感じた」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 3着に負けたニシノデイジーと勝浦正樹騎手

12月28日の中山11Rで行われた第35回ホープフルステークス(2歳オープン、牡・牝、GI、芝・内2000メートル、馬齢、13頭立て、1着賞金=7000万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気サートゥルナーリア(牡、栗東・中竹和也厩舎)がデビューから無傷の3連勝でGI制覇。タイムは2分1秒6(良)。

 札幌2歳S、東京スポーツ杯2歳Sを連勝し、メンバー唯一の重賞ウイナーとして挑んだニシノデイジー(3番人気)は、内枠から好位を追走したものの、勝負どころの3、4コーナーでポジションを下げ、馬群を縫って懸命に脚を伸ばしたものの3着まで挽回するのが精一杯。惜しくも重賞3連勝での栄冠はならなかった。

 勝浦正樹騎手「みんな牽制(けんせい)し合ったので、分が悪い流れになってしまった。でも、道中の位置取りは良かったし、最後も来ているからね。残念だったが、やれる手応えは感じた」


キーワード