みんなに伝えたいスポーツ情報

大迫、合流初日は右でん部の打撲で別メニュー(スポーツ報知)

[ 元の記事 ]
出典元: 大迫勇也

サッカー日本代表は28日、来月のアジア杯(UAE)に向けた国内合宿3日目を千葉県内で行った。この日から、DF長友佑都(ガラタサライ)、FW大迫勇也(ブレーメン)、酒井宏樹(マルセイユ)、堂安律(フローニンゲン)が合流した。ただ、大迫は22日のリーグ戦・ライプチヒ戦で、右でん部を痛めたため、大事をとり室内調整となった。日本協会関係者によると、打撲で離脱するほどの負傷ではないという。

 日本代表は来年1月9日、アジア杯初戦となる1次リーグ第1戦をトルクメニスタンと対戦する。





キーワード