みんなに伝えたいスポーツ情報

日本ハム、早くも清宮の弟・福太郎くんをマーク!来年に早実高進学の“金の卵”(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 東京北砂リトル時代(撮影は2015年)の福太郎。右左の違いはあれど、兄譲りの強打者だ

日本ハムが、清宮幸太郎内野手(19)の弟で来年4月から早実高に進学する福太郎選手(15)=早実中=を早くも“リストアップ”したことが27日、分かった。

 まさに“金の卵”だ。少年野球から高校まで兄と同じ道を進む福太郎について、吉村GMは「能力が高い。気になっている」と明かした。

 東京北砂リトルでは2015年の小6時にリトルリーグ世界選手権に出場し、兄に続いて世界一に輝いた。調布シニアでは、右投げ右打ちの投手兼内野手でシニア関係者によるとすでに1メートル84、102キロの兄と遜色ない体格に成長しているという。投手としては、最速120キロ程度の直球を主体にスライダー、カーブ、フォークボールを操り、打席では広角に打ち分ける右の強打者。高校では投手として勝負するつもりというが、一、三塁の守備もできる。

 ドラフト候補となるのは21年だが、日本ハムは入学時からスカウトを派遣して、“密着マーク”する方針。栗山監督も、思いは一緒で9月下旬に観戦のために札幌ドームで対面した際は、「(プロで)待っているよ」と声を掛けた。

 プロ野球界ではロッテ・リー兄弟(レロン、レオン)、西武・松沼兄弟(博久、雅之)、阪神・新井兄弟(貴浩、良太)らが同じチームでプレーした。北の大地で、清宮兄弟が躍動する。数年後、そんな未来が待っているかもしれない。





キーワード