みんなに伝えたいスポーツ情報

旧伏見工の京都工学院新監督に大島淳史前コーチ就任(日刊スポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 伏見工時代の大島淳史氏

全国高校ラグビー大会(花園)で4度の優勝を誇る京都工学院(旧伏見工)の新監督に前コーチの大島淳史氏(36)が就任したことが29日、分かった。

松林拓前監督は京都成章に0-39で敗れた、11月の京都府予選決勝後に退任。今後は後方からチームを支援する。

大島新監督は伏見工3年だった00年度、主将として同校3度目の花園制覇に貢献。卒業後は日体大に進み、京都市の中学校勤務を経て、14年から伏見工のコーチを務めていた。19年1月1日開幕のサニックス・ワールドユース予選会(福岡)から指揮を執る。

伏見工時代には山口良治監督(現京都工学院総監督)の下、80年度にSO平尾誠二らを擁して花園初優勝。荒れた学校を立て直し、道を外れかけた不良生徒たちがラグビーに打ち込む姿は、テレビドラマ「スクール☆ウォーズ」にも描かれた。17年春には伏見工としての最後のラグビー部員が卒業し、洛陽工との学校統合で生まれた「京都工学院」の名で活動している。





キーワード