みんなに伝えたいスポーツ情報

強肩に絶賛!遊撃志望の中日D1・根尾にセンター転向プラン浮上(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 強肩を披露した根尾

中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=の中堅コンバート構想が浮上していることが10日、わかった。ナゴヤ球場での新人合同自主トレ3日目のこの日、キャッチボールを見た与田剛監督(53)も「どのポジションでもこなせる」と絶賛。本人が希望する遊撃かそれとも…。キャンプ、オープン戦で適性を見極め、チーム事情も踏まえて最終結論を出す。

 プロの投手の球筋だった。切れのいい“ストレート”が、ドラフト6位・滝野要外野手(大商大)のグラブに吸い込まれていく。キャッチボールの距離は自主トレ3日目で最長の50メートル。根尾が、高校時代に最速150キロをマークした自慢の肩を披露した。

 「今意識しているのは強い球を投げること。(調子は)50%ぐらいですね。これからもっと投げていかないと」

 本人は力半分と説明したが、与田監督は「肩の強さ、リリースポイントの安定感は抜群じゃないですか。本人は、ちょっとズレたぐらいでも悔しがっていたけどね」と目を細めた。

 昨年11月の入団交渉後の会見で「プロでは遊撃一本でやりたい」と宣言。「肩の強さは誰にも負けない」とアピールしたが、それはウソではなかった。

 だが、チームには、一昨年の新人王で昨季は全143試合に出場し遊撃手としての地位を築いた京田がいる。根尾については二塁での起用も有力視されている中、中田アマスカウトディレクターは「地肩の強さなら、今、球界No.1遊撃手と言われている源田(西武)よりも上。あの肩の強さで二塁に置いておくのはもったいない」とした。

 他の関係者からも、中堅の大島を左翼にコンバートし、「肩は強いし、脚力もある。外野でも一流を狙える」と根尾を中堅で使ってみてはという意見が出ている。

 6年連続Bクラスに低迷する竜の救世主と期待されるルーキー。4球団が競合した中で根尾の当たりクジを引いた与田監督の最終結論に注目だ。


キーワード