みんなに伝えたいスポーツ情報

オリックスがスタッフ会議、ルーキー荒西と富山がキャンプ1軍スタート(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
オリックスが25日、大阪市此花区の球団施設でスタッフ会議を行い、今春キャンプの1、2軍のメンバーを決定した。

 出席した西村徳文監督(59)は、新人選手ではドラフト3位・荒西祐大(ホンダ熊本)、同4位の富山凌雅(トヨタ自動車)の両投手を1軍スタートに決めたことを明かし、「おもしろい素材。やってくれそうな感じがする。戦力として十分、なってくれると思う」と期待した。

 社会人卒の2人に関しては、まずは先発として調整させる考えで、「状態を見ながら、どこのポジションで投げさせるか、見極めていく」とした。

 2軍スタートとなった他の新人、若手選手についても「2軍から推薦があれば、1軍に合流させる」と説明。先発ローテーションなども含め、ほとんどのポジションでレギュラーが白紙なだけに、「大事な春キャンプになる。アピールしてもらわないといけない。やりがいもあると思う。そこをものにしてもらわないと。レベルの高い競争にしてほしい」と激しいバトルを求めた。


キーワード