みんなに伝えたいスポーツ情報

センバツ出場32校発表!大阪桐蔭は選出されず、関東6校目は横浜(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: センバツ出場を逃し、肩を落とす大阪桐蔭・西谷監督(手前)=大阪府大東市(撮影・恵守乾)

第91回選抜高校野球大会(3月23日開幕、甲子園)の出場32校を決める選考委員会が25日、大阪市内で開かれた。

 北海道地区は神宮大会を制して初出場する札幌大谷に加えて札幌第一が選出。東北地区は八戸学院光星(青森)と盛岡大付(岩手)が選ばれた。

 関東地区は桐蔭学園(神奈川)、春日部共栄(埼玉)、習志野(千葉)、山梨学院の4校、東京地区は国士舘(東京)の1校が順当に選ばれ、関東6校目に横浜(神奈川)がすべり込んだ。

 東海地区の2校は東邦(愛知)、津田学園(三重)。北信越の2校は星稜(石川)、啓新(福井)だった。

 近畿地区は龍谷大平安(京都)、明石商(兵庫)、履正社(大阪)、智弁和歌山の地区大会上位4校に加えて、ベスト8勢から福知山成美(京都)と市和歌山が選出された。史上初となる選抜大会3連覇と3季連続甲子園制覇がかかっていた大阪桐蔭は選ばれず、報徳学園(兵庫)とともに補欠校となった。

 中国地区は広陵(広島)、米子東(鳥取)、呉(広島)の3校。四国地区は高松商(香川)、松山聖陵(愛媛)の2校。九州地区は筑陽学園(福岡)、明豊(大分)、大分、日章学園(宮崎)の4校が選出された。

 厳しい環境下などで選考される21世紀枠は石岡一(茨城)、富岡西(徳島)、熊本西の3校が選出された。


キーワード