みんなに伝えたいスポーツ情報

東海大が地元平塚で箱根Vパレード、新主将の館沢亨次「最高で最強のチーム作る」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 箱根駅伝で優勝を飾った東海大が平塚市内でパレードを行った。約1万人の市民らの声援に(左から)小松、湯沢、湊谷らは手を振って応えた

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)で初の総合優勝を飾った東海大が26日、キャンパスを構える神奈川・平塚市内で祝賀パレードと報告会を行った。

 両角速監督(52)と出場選手らはオープンカーに乗り、JR平塚駅前の中心街「スターモール通り」を約450メートルに渡ってパレード。最優秀選手に輝いた小松陽平(3年)らは、沿道を埋めた約1万人の市民らの声援に手を振って応えた。

 その後の報告会では、新たに主将となった館沢亨次(3年)らがあいさつ。「歴代の中でも最高で最強のチームを作りたい。新元号になって、東海大が常勝軍団といわれるようにやっていきたい」と言葉に力を込めた。





キーワード