みんなに伝えたいスポーツ情報

26日の馬場状態 東京の芝は「全体的に良好」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
★東京競馬場

午前9時30分現在、天候=晴、芝=良、ダート=良

 芝はDコース(9m外に内柵を設置)。ずっと雨が降っておらず、芝は速い時計の決着になりそう。ダートは乾燥して力がいる状態。

 ◎降水確率=午前、午後とも20%。

 ◎含水率(ゴール前)=芝13・8%、ダ1・4%。

 ◆馬場造園課「前開催後、約1カ月間馬場全面をシート養生し、洋芝の生育を促進。全体的に良好な状態です」

★京都競馬場

午前9時30分現在、天候=曇、芝=良、ダート=良

 雪の影響が懸念されるが、今週から芝はBコース(最内から直線部4m、曲線部3m外に柵)。インを走る先行馬の踏ん張りに注意したい。ダートは脚抜きがよく、差しも利く。

 ◎降水確率=午前、午後とも50%。

 ◎含水率(ゴール前)=芝9・9%、ダ1・9%。

 ◆馬場造園課「内の傷んだ箇所はおおむねカバーされたが、正面直線の内に傷みがある」

★中京競馬場

午前9時30分現在、天候=晴、芝=良、ダート=良

 芝はBコース(Aコースから3m外に柵)を使用。先週は8鞍行われ、4コーナー5番手以内の馬が7勝と先行馬の活躍が目立った。今週も同様の傾向か。ダートも先行馬が優勢だ。

 ◎降水確率=午前、午後とも10%。

 ◎含水率(ゴール前)=芝11・6%、ダ2・1%。

 ◆施設設備課「1週使用しましたが、傷みは少なく良好な状態です」


キーワード