みんなに伝えたいスポーツ情報

【東京新聞杯】2年連続で4歳馬が1~3着を独占 今年の4歳勢はレイエンダなど5頭が登録(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 初のマイル戦となる東京新聞杯で重賞初制覇を目指すレイエンダ

東京新聞杯(GIII)では、2017年、2018年と2年連続で4歳馬が1~3着を独占している。

 今年の東京新聞杯には、ジャンダルム(牡、栗東・池江泰寿厩舎)、タワーオブロンドン(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)、テトラドラクマ(牝、美浦・小西一男厩舎)といった重賞勝ち馬に加え、1000万→1600万条件を連勝したインディチャンプ(牡、栗東・音無秀孝厩舎)、ダービー馬レイデオロの弟レイエンダ(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)と計5頭の4歳馬が登録しているが、今年の4歳勢も上位を独占することができるだろうか。

 

 なお、ジャンダルムに騎乗予定の武豊騎手は東京新聞杯で歴代トップの5勝を挙げている。


キーワード