みんなに伝えたいスポーツ情報

【きさらぎ賞】ダノンチェイサー、クラシック狙える器(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: ダノンチェイサー(手前)

ダノンチェイサーは父ディープインパクトに、母サミターが愛1000ギニー馬という良血。中京マイルの前走は速い上がりのレースになりながらも、持ち前の瞬発力できっちり差し切った。今回臨むのは9Fだが、未勝利V、きんもくせい特別でハナ差2着と結果は出してきている。

 「いいスピードがあるので、距離が延びて折り合い面のコントロールが利くかどうかがポイント」と池江調教師は慎重ながら、「そのへんがうまくいけばクラシックを意識できる」。3年前のサトノダイヤモンドなど、きさらぎ賞最多タイ3勝のトレーナーの言葉だけに信頼できる。

 最終追いは東京新聞杯に挑むジャンダルムと併せて一歩もヒケを取らない立ち回り。ポテンシャルの高さを生かせれば、クラシックが見えてくる。

 “究極の3連単”はダノンを1着に固定。東スポ杯2歳S2着のアガラスを2、3着に据えた10点で勝負する。(夕刊フジ)





キーワード