みんなに伝えたいスポーツ情報

【調教ズームイン】ノーブルマーズ反応絶品(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 伸びやかなフォームで坂路を駆け上がるノーブルマーズ。文句なしの走りに、宇恵記者も目を奪われた

馬なりながら、ノーブルマーズが坂路で弾むような動きを見せつけた。CWでしまい重点の調整だった前走時(日経新春杯4着)の最終追い(CW4ハロン53秒0-11秒8)は正直、物足りなさを覚えたが、今回は調教の質、走りともに文句なし。完調と言い切れるほどの状態だ。

 タイムは4ハロン54秒0-12秒5。閉門直前の、馬場の荒れた時間帯を考えれば上等の数字といっていい。ゴール前の反応の良さは絶品で、鞍上が仕掛けていれば、さらに時計が詰まっていたのは間違いない。伸びを感じさせるフォームで、楽々と急勾配を駆け上がってくる姿はホレボレするほどだった。

 まさに『言い訳の利かない』仕上がり。道中の折り合い、脚の使いどころが難しい馬ではあるが、好勝負を予感させる臨戦態勢だ。(宇恵)





キーワード