みんなに伝えたいスポーツ情報

亀山「絶対に自分が東京五輪に出ると思って」種目別W杯選考会/体操(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 体操のW杯代表に選ばれた5人。左から宮地秀享、鈴木大介、今林開人、亀山耕平、佐藤巧=東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

体操で2020年東京五輪予選となる種目別W杯シリーズの男子代表選考会が7日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われ、あん馬の亀山耕平(徳洲会)や鉄棒の宮地秀享(茗渓ク)らが代表に決まった。

 代表に決まったのは、ほかに床運動の佐藤巧(徳洲会)、あん馬の今林開人(セントラルスポーツ)、鉄棒の鈴木大介(同)で、5人だった。

 2013年世界選手権金メダルの亀山は、五輪への第一歩を踏んだことになるが、「内容は(10点満点の)4点。本当なら全ての技をつかめている感覚があるが、まだ把握し切れていない」。それでも「30歳になって体操がおもしろくなっている。『絶対に東京五輪に出る』と思いつつ、自然体でやりたい」とした。

 W杯では、2018年11月から20年3月までの計8大会の成績のうち、より上位の成績3大会分の結果により、種目1位の選手に東京五輪の個人の出場権が与えられる(ただし1カ国1人まで)。

 選考会では参加者がいなかった平行棒を除く5種目が行われ、昨年の世界選手権種目別決勝で3位に相当する得点以上を出した選手が代表に選ばれた。





キーワード